18/08/2019
Breaking News

充実感を得たい介護士さんへ

,

介護の仕事には、病院や介護施設、居宅事業など、様々な施設形態があります。一般的に、病院での介護職は、看護師の助手的な業務が多く、患者さんとのコミュニケーションをとる間もなく、食事や入浴、排泄と、時間で区切りながら、たくさんの人の介助をしなくてはなりません。検査伝票や物品管理、メッセンジャー的な仕事もかなり多いようです。しかし、あまり残業がなく、決められた時間通りに帰れるという長所があります。

また、介護施設に比べて行事が少ないため、その準備のために時間を費やすこともあまりないと言われています。さらに、給与面でも優遇されている所が多く、福利厚生は充実しています。ただし、やりがいの面では、物足りなさを感じる人もいるようです。そういう人は、夜勤ができれば有料老人ホームなどの入所型の施設が向いており、日勤のみの場合はデイサービスや訪問介護のヘルパーへの転職がおすすめです。

介護施設は病院に比べて拘束時間が長く、夜勤があったり、介護職のみでの利用者さんをケアするというところが多くあります。施設内の行事も多く、担当になれば、準備や当日の進行等も任されるので、とてもやりがいを感じられるでしょう。利用者さんとゆったり過ごす時間も、病院に比べて多くとれる場合もあります。中には仕事の責任が重くなると感じる人もいますが、利用者さんとの関係が密になるという点は大きな魅力です。

一方、日勤のみのデイサービスは、送迎があるため、車の運転に自信のある人に向いているかもしれません。ですから、介護の仕事は、自分の条件に合った施設形態の仕事を選ぶことが、長く続ける秘訣かもしれません。