17/09/2019
Breaking News

失敗しない介護の仕事の見つけ方

,

高齢者の介護をする仕事を探す場合、紙媒体やオンライン上で実に多くの求人を見つけることができます。しかし、どの媒体でも提示できる情報の量にはそれぞれに限界があるため、「自分が希望する職務と就業後の実態が合致していない」というケースもあるようです。

仕事の見つけ方として良くあるこの問題を避けるためには、希望する条件を全て把握していることとは別に、条件に合致した事業所の運営実態を可能な限り把握することもポイントになります。紙媒体系の求人情報では、1枠毎に書き込むことの出来る情報量に限界があり、勤務形態や時間枠の組み合わせの記述にはどうしても踏み込めないようです。そのため、勤務形態の編成や夜勤の頻度など、現実的な話を転職支援のエージェントや人材派遣会社の担当者から聞くことができれば、就業後の不要なトラブルを避ける手掛かりになるでしょう。

交代制勤務の場合は、深夜や早朝の時間帯と交通機関の運行状況も検討する必要があり、夜勤の場合に問題になることがしばしばあります。また、教育制度のあり方も求人情報で詳細が出ていないことがあるので注意しましょう。

事業所がホームページを運営していて、研修制度の詳細と参加実績を掲示している場合は強い魅力となりますが、研修に適切な期限が切られていない場合や、勤務形態の編成が極端な構成の場合は、研修制度の活用以前に、現場の人手不足を解消する必要に迫られていることが読み取れます。研修や教育制度の実施が現場の実務に組み込まれてしまう可能性もあるため、面接の際にはシフト編成のサンプル、事業所内にある技術研修のパンフレットを見せてもらうと良いでしょう。